永住許可申請の必要書類更新について

令和元年5月31日に、永住許可に関するガイドラインが改定されました。これに伴い、永住許可申請に必要な書類も更新されています。新ガイドラインはこちらです。

申請人が「日本人の配偶者等」をはじめ、全ての場合において、以前の必要書類から増えております。公的義務、例えば納税、公的年金、公的医療保険料の納付を証明する資料が明記されています。

適用は令和元年7月1日(月)の申請分からとなります。但し、それより前に申請した方でも、審査の過程で追加資料の提出を求められることもあるとのことです。

ちなみに、日本人の配偶者等」が申請するときの提出書類はこちらです。

永住許可の審査も厳格に行われていくようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。